| What's binguan | Q&A | 著作権ガイド | お問い合わせ





 インターネット上で公開されたホームページのコンテンツ(情報内容)には著作権があります。コンテンツとは編集した情報内容すべてのことです。記事だけではなく画面イメージ、写真、図版なども含まれます。著作権者の承諾なしにコンテンツを複製、他の電子メディアや印刷物などに再利用(転用)することは、著作権法に触れる行為となります。以下に具体的に説明します。

1)「ビングァン・ドット・インフォ」のコンテンツ

 本webサイト(ビングァン・ドット・インフォ)のコンテンツは、「2人で…」をテーマに、北海道内にあるホテルに関する情報(システム及びリアルタイム空室情報)・イベント情報(道内約189市町村の行催事)を正確、かつスピーディーに提供することを目的に、仕事帰りに気軽に覗けるページ、少しでも役に立つページを目指しています。弊社ではホテルでどうインターネットが使えるかやインターネット利用技術の研究のために当面、こうした情報を基本的には無償で公開していきます。どうぞ、これからのあなたの「hotel life」にお役立てください。

2)著作権の帰属先

 本ウエブサイト(ビングァン・ドット・インフォ)上のコンテンツの著作権は原則として電子出版(株)所有しています。個々のコンテンツの著作権のほかに、ホームページという形で編集したことによる編集著作権も弊社にあります。ただし弊社のSTAFF以外による寄稿や外部写真家による写真などの著作権は原則として原著作者に帰属します。

3)著作権の取り扱い

 著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を超えて「ビングァン・ドット・インフォ」のコンテンツを使用する場合、弊社の使用許諾が必要となります。外部寄稿のものは原著作者の許諾が必要になります。「ビングァン・ドット・インフォ」の画面を許可なく複製、翻訳、翻案、放送、出版、販売、貸与などの行為をすることはできません。「ビングァン・ドット・インフォ」以外のホームページ、雑誌をはじめ、パソコン通信、イントラネット、電子メールなどへ無断で転用すれば、著作権侵害に当たります。非営利の団体、個人のホームページも例外ではありません。記事全文ではなく一部だけ抜き出した場合も同じです。

4)コンテンツの改造  

 本webサイト(ビングァン・ドット・インフォ)の独自コンテンツを、一字一句変えずに転用するのではなく、読んだうえで要約した場合も、許可なく行えば著作権法上の問題が発生します。それは、見た目は変わっていてもそっくりほかへ転用されたことになるからです。ホームページならいいだろう等の誤解もあるようですが、この場合も事情は同じです。

5)コンテンツのダウンロード  

 個人が本webサイト(ビングァン・ドット・インフォ)のコンテンツを自分のパソコンにダウンロードするのは著作権法で認められた「私的使用のための複製」と解釈されます。ただし、ダウンロードしたコンテンツを使用できるのは、本人かその家族に限られます。個人がダウンロードしても会社などで本人以外に利用させると「私的使用」の範囲を超えます。この場合は営利目的であるかどうかに関わらず、著作権上の問題が発生します。

6)リンク

 本webサイト(ビングァン・ドット・インフォ)へのリンクは、ホームページの最初のページ(http://www.binguan.info/)をその対象とするかぎり、原則として自由です。編集意図が正しく伝わらなくなる可能性があるので、途中のページやページ内のコンテンツそのものにリンクを張ることは絶対におやめください。このほか「ビングァン・ドット・インフォ」の趣旨に合わないホームページの場合、リンク自体をお断りすることがあります。



Copyright Denshisyuppan.co.,ltd. 1997 , all rights reserved